クラスの中を覗いていただけるページです。クラスの様子やできごと、受講生の制作物をご紹介していきます。

2024年5月25日土曜日

小さな文字を書くペン先について

 ポインテッドペンクラス講師の東井です。

各々のペン先について感じたことをまとめました。(写真とペン先の順序が違っていて申し訳ありません。また、写真の文字は2mm幅で書いています。) 

Gillott 290   ペン先の「しなり」はあるので、ラインの細い、太いは出る。全体的に細いので、3mm幅で書くのは少ししんどい。

Hunt 100       「しなり」はあるので、ラインの細い、太いは出る。Gillott 290 より若干太い。

Hunt 103       「しなり」はあるので、ラインの細い、太いは出る。Hunt 100 より太く、3mm幅でも書ける。

Brause 513    「しなり」はあまりないので、細い、太いは少し出にくい。次に書く、Hiro700 に比べると、細い、太いの差は出る。「しなり」がない分、コントロールはしやすい。ヘアーラインも細いが、ダウンストローク(太い線)も細い。

Hiro 700 「しなり」はあまりないので、細い、太いは出にくい。「しなり」がない分、コントロールはしやすい。全体的に太く、文字が小さい場合、細い、太いの差はあまり出ない。

Principal, Hunt 101 ペン先が「摩耗」していない状態なら書けるが、2mm幅ではやはりしんどい?太めのダウンストロークも味がありますが…。

小さな文字が書けるペン先だけに、先端がデリケートでやさしく扱うことが大事です。今回は、Hunt100とBrause513が、引っかかりも少なく、インクの出もよかったのでスムーズに書けましたが、以前の私のメモでは全く逆で、どちらのペン先も、ひっかかりが多い、インクの出が悪い、もろいと評価は低いものでした。その時々の自分の状態もありますし、ペン先のコントロールができないうちに評価したかもしれません。またペン先の中には、すぐにダメになるものもあります。

何種類かのペン先について書きましたが、これは私自身の感想で、書き手によってその感覚は違います。用途により、自分に合うペン先を見つけたいですね。

2024年5月13日月曜日

平筆ローマンキャピタルのワークショップ

 皆さんこんにちは。レギュラークラス講師の清水裕子です。

SLA(スタジオレターアーツ)では、時々、通常の定期的なレッスンとは別に、受講者のみを対象にワークショップを行っています。平筆のローマンキャピタルも、レギュラークラス受講者を対象に2023年春、今年春と2回開催しました。

講師のデモンストレーション
  平筆ローマン入門には、最低3日間が必要だと私は考えています。そして、その3日間は連続で開催せずに2週間ほど空けており、それがより良い結果につながっている様です。
配布するお手本コピー
それ以降のブラッシュアップについては、当日の受講人数にもよりますが、できるだけ通常のレッスンでも指導する機会を設けています。

毎回のワークショップでは、受講される方々の集中力と根気とに深く感銘を受けています。私もまだまだ道半ばですが、自分が二度John Stevensから習ったことを(自分なりに咀嚼した上でですが)受け渡していかねばと思い、教え始めました。来年からは門戸を広げ、外の広い会場で開催していきたいと思っています。今秋にはお知らせします。


2024年4月22日月曜日

金泥を使って

写本装飾クラスの小川です。
 
前回は金泥練りをご紹介しました。上澄みの水を捨ててしっかりと乾かした金泥は次のレッスンで製作者にお渡しします。
 

作品に使うときは他の色よりも先に金泥を塗って、乾いたら磨きます。

金泥練りは時間のかかる作業ですが、自分で練った金泥がきれいに光ったときはとても嬉しいものです。

2024年4月6日土曜日

画材をしる

 
こんにちは、レギュラークラス講師の清水裕子です。


今日は画材のお話を。

こちらのレッスンでは、スタジオに用意してあるガッシュか墨(擦るor墨汁)を利用して練習されている方がほとんどで、普段の練習から作品製作時と同じ状態で書いてもらうようにしています。色に関しては、色のガッシュを使ってもらっていますが、時折、何かのきっかけで彩墨もご紹介しています。押しつけにならないように気をつけつつ体験してもらい、こういう選択肢もありますよと。

私自身、もう何年も、黒も色ももっぱら墨を使っているので、スタジオには色の墨がいくつもあるのです。皆さんには、書く時の快適さはもちろんのこと、安全性や、作品になった後々の耐久性(耐光性)のことなども考えつつ、各自で選んでもらえたらと思っています。

この日は、入手されたガッシュのセットをフルに使って練習されてきた方のシートに大いに刺激を受け、彩墨の話へと発展したのでした。



2024年3月23日土曜日

小さな文字

 ポインテッドペンクラス講師の東井です。

 レッスンでは、5ミリか6ミリ幅の罫線で文字を書いてもらっています。作品制作になりますと、文章の量にもよりますが、本文は3ミリ、4ミリ幅で(もちろんもっと小さいサイズで書く時もあります)、作者名は2ミリ幅くらいで書く場合もあります。5ミリあるいは6ミリ幅から、いきなり2ミリ、3ミリ幅で書くのは、ペンと手のコントロールが難しく、文字幅を徐々に小さくしていくようにお話ししています。5ミリから4.5ミリ、4ミリという風に、罫線を少しずつ縮小コピーして書いていきます。文字の大きさに慣れることが、まず第一です。

次回は小さな文字を書くペン先についてお話したいと思います。

2024年2月27日火曜日

金泥練り

写本装飾クラス担当の小川百合です。

写本装飾クラスのカリキュラムの中に金泥を使うものがあります。金泥は販売されている金泥にガムアラビックを加えて更に細かな粒子になるように自分で練ったものを使います

1時間ほど練ります。指がつりそうになります・・・

練り終わったら水を張って一晩寝かせ、上澄みの水を捨てて乾かします。
 
しっかり乾かして使える状態になりました。 

2024年2月10日土曜日

新たな一歩

こんにちは。レギュラークラス講師の清水裕子です。

先日のクリティーク時に貼られていたシートのひとつです。これを書かれた方は、しばらく取り組まれていたことに区切りが付き、次に挑戦したいことを試して持って来られました。これまでの積み重ねや経験が多くある方です。

トラディショナルな書体をどのようにしたいと考えておられるのか、ご本人の説明をお聞きしました。ご自分の中にあるイメージをこうして具体的に書いてシェアしてもらえると、私もアドバイス、お手伝いがしやすくなります。進展のさせ方を少し提案しました。ここからどんな道を通ってどんな風に展開し、どこに着地されるでしょうね。その過程の様々な「景色」を楽しんでもらえたらと願っています。