クラスの中を覗いていただけるページです。クラスの様子やできごと、受講生の制作物をご紹介していきます。

2022年6月28日火曜日

スタジオのこだわりグッズ

こんにちは。スタジオ レターアーツ運営責任者、レギュラークラス講師の清水です。 

今回は、スタジオの環境作りとして、2008年のスタジオオープン時からこだわっているポイントを少しご紹介します。

1つ目はキムワイプ

 ペン先をぬぐった時にペンにティッシュの繊維や布の毛羽がついて文字の線が変になっちゃった・・・、というのはカリグラフィーのあるあるですよね。自分自身のその体験から、スタジオの机にはケバ立ちや紙粉がほとんどないキムワイプという物を置いています。キムワイプには色々な種類があり、これはサイズが小さくて薄手のものです。
 
2つ目は高演色性蛍光灯
高演色性蛍光灯というのは、自然の色に一番近い光を出してくれる蛍光灯だそうです。色を使うことも多いスタジオの中でできるだけ色を忠実に再現できるものをと思い、この種のライトにしました。
 
どちらも裏方さんですが、少しでも質の高いスタジオ滞在時間を過ごしていただけるようにと願って取り入れています。





2022年6月5日日曜日

分析、練習、観察

こんにちは、レギュラークラス講師、清水裕子です。

レギュラークラスでは、どのクラスでも各自が違うことに取り組んでいます。今日ご紹介する方は、『Speedball Texbook 25th Edition』に掲載されているJulian Watersの文字から学ぼうと、ここ数ヶ月間、分析、練習、観察を続けておられます。


本から得られる情報は、書かれたフレーズのみ(貼ってあるコピーの下2行)。それを元に、そこに登場していない文字も考えていきます。
前の写真から1ヶ月後
さらに2週間後
 
最終的には、その方らしい文字として落ち着き、消化されます。こういう指向で進んでいる方へのアドバイスは、講師も一緒に学び、考えるとても良い機会になっています。


2022年5月15日日曜日

リフレッシュ

 ポインテッドペンクラス講師の東井です。

クラスに参加して頂いている生徒さんの多くは、お仕事をされています。仕事以外にも日々の暮らしがあり、皆さんそれぞれにお忙しい毎日です

 仕事とは全く違う空間で、全く違うことに集中するのは、リフレッシュになるというお声も耳にします。その言葉通り、心落ち着くスタジオで、皆さん本当に集中して取り組まれています。
リフレッシュが美しい文字へとつながりますよう、私も尽力したいと思っています。リフレッシュがプレッシャーにならないよう願いつつ…。

2022年4月24日日曜日

作品展に向けて

 写本装飾クラス講師の小川です。

年末の作品展に向けて作品作りを進めています。

作業しているとはじめのトレースの大切さに気づきます。
 
作品が仕上がる頃にはもっとたくさんの梅皿が並んでいることになるでしょう。




2022年4月5日火曜日

徐々に以前のクラス運営に戻し中

ある日のレギュラークラスの様子を。

どのレギュラークラスも、初心者、経験者に関係なく一緒にレッスンをしています。少人数クラスなので、それぞれに合わせた方法で説明したり、参考になりそうな資料をご覧いただいたり、おひとりずつ交流できるのが、講師にとっても、とても楽しい点です。

 

今年の12月には、2018年以来4年ぶりでスタジオ作品展を開催予定です。そして、このコロナ禍の2年ほど予約制にしていたレギュラークラスを、また5月からクラス固定(振替受講可)制に戻すことにしました。予約制で足が遠のいていたみなさ〜ん、また以前の定期的なレッスンに足を運んでくださるのをお待ちしていますね〜!



2022年3月2日水曜日

現在のスタジオ環境 2022年3月

前回の投稿から5年以上も空いてしまいました。申し訳ありません。かなり反省!

コロナ禍の中での生活が始まって3年目となりました。スタジオのレッスンは、大阪府と兵庫県に緊急事態宣言が発令される都度、休講にしてはいますが、それ以外は通常通り続けています。現在のスタジオはこんな感じです。

 

対面を透明フィルムで区切り、横サイドも仕切れるようにいくつか仕切り板を用意して、レッスン終了後はアルコールの拭き掃除も行っています。これは今や最低限必要な感染対策ですね。

 

そういう衛生面はさておき、スタジオ内外にある『プチギャラリー』には、昨年のベルギー個展で渡欧した際にいただいた素敵な物などがそこここにお目見えしています。

Pieter Boudensがイニシャルを彫ってくださった石(中央)と、同じくPieter作、ブルージュのサッカーチームの依頼で制作された石作品のレプリカ、'NO SWEAT NO GLORY'。


 Maud Bekeart作の鉄製文字。良い具合のサビ加工が施されています。Wat een wonderは、英語でWhat a wonderだとか。


Kristoffel Boudens作の石が入口に鎮座しています。そして、ベルギーの個展から戻ってきた清水作品も飾っています。


早く沢山の生徒さん達に見てもらえる日々が戻ってきますように。

2016年12月26日月曜日

クリティーク ~スペーシングで変わる「景色」~

スタジオレターアーツのレギュラークラスでは、毎回レッスンの始めに各自の宿題シートを壁に貼り、クラス全員で見る「クリティーク」を行っています。離れたところから見てみると、文字の細かい部分ではなく全体を観察することができます。では、遠目に見た際に何を見ていくのでしょうか?そのひとつは文字内・字間・単語間・行間などスペーシング(スペースの取り方)です。クリティークでは、まず書いた本人に説明や気がついた点、疑問点などを話してもらい、それについて講師が話すだけでなく他の受講者にも意見を聞いてみます。誰かの疑問は他の人の疑問であることも多いのです。クリティーク後に切り貼りでスペーシングの改善実験をして、また他の人にも見てもらったり…。
こういったクリティークは批判ではなく、講師を含め、そこにいる全員がニュートラルな視点で「美」に対する眼識を磨いていくための機会になっています。
左下:家で書いてきたもの
左上:書いたものをコピーし、切り貼りしたもの
右:さらに調整したもの 
行間と単語間のバランスを整えるだけで、これだけ見え方が変化します。

書いたものをコピーして切り貼りしたものです。
一番左と一番右では行間の広さが僅かに違います。
読みやすさに違いがあるのが分かるでしょうか。
こちらは2点、行間を僅かに変えてそれぞれ書いたものです。
微妙な差から印象の違いが生まれ、全体の「景色」が変わります。